The Hitachi Global Foundation

倉田奨励金受領者一覧

The Kurata Grants Recipients

    
年度奨励金No 助成部門 研究テーマ 所属機関 職位 氏名 研究期間 助成金額
Categories Title of research program Institution Title Name Research Period Grant amount
2020年度
(第52回)
1430 自・工 スピンの局在化に立脚した有機ダブレット発光体の創製 茨城大学工学部 准教授 吾郷 友宏 1 1,000,000
NSE Development of Organic Doublet Emitters Based on Spin Localization College of Engineering, Ibaraki University Associate Professor Tomohiro AGOU
2020年度
(第52回)
1431 自・工 ポリチオフェンによる可視光照射下でのカーボンフリーグリーン水素製造法の確立 早稲田大学 博士課程2年 岡 弘樹 1 989,000
NSE Carbon-Free Green Hydrogen Production by Visible-Light-Driven Water-Splitting with Polythiophene Faculty of Science and Engineering, Waseda University 2nd year of doctoral course Kouki OKA
2020年度
(第52回)
1432 自・工 SiCデバイス信頼性確保に向けたSiCエピタキシャル層キャリア寿命測定 名古屋工業大学 准教授 加藤 正史 1 980,000
NSE Measurements of carrier lifetime in SiC epitaxial layers for ensuring reliability of SiC devices Nagoya Institute of Technology Associate Professor Masashi KATO
2020年度
(第52回)
1433 自・工 敵を味方に:植物ウイルスを利用し、環境に優しい持続的なエネルギー生産 筑波大学  助教 木下 奈都子 1 1,000,000
NSE Turning the table: Sustainable energy production using plant virus University of Tsukuba Assistant Professor Natsuko KINOSHITA
2020年度
(第52回)
1434 自・工 分子状酸素が可能にする効率的かつ環境調和的な機能性物質構築法の開発 東北大学大学院薬学研究科 助教 熊田 佳菜子 1 1,000,000
NSE Oxidative C(sp3)-H functionalization under oxygen atmosphere : A straight and environmental-friendly route to functional materials Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University Assistant professor Kanako KUMADA
2020年度
(第52回)
1435 自・工 配位子還元体を活性種とする二酸化炭素還元触媒システムの開発 九州大学大学院工学研究院 助教 小出 太郎 2 3,000,000
NSE Development of catalytic CO2 reduction system using ligand reduced complex as an active species Graduate School for Engineering, Kyushu University Assistant professor Taro KOIDE
2020年度
(第52回)
1436 自・工 環状ボリレンの開発と応用 名古屋大学大学院工学研究科 助教 中野 遼 1 1,000,000
NSE Development and Application of Cyclic Borylene Graduate School of Engineering, Nagoya University Assistant Professor Ryo NAKANO
2020年度
(第52回)
1437 自・工 グローバルサプライチェーンにおける汚染物質排出構造の解明 中央大学(2021.3.1~名古屋大学) 助教 土中 哲秀 1 960,000
NSE A study on the emission structure in global supply chains Chuo University(2021.3.1~Nagoya University) Assistant professor Tesshu HANAKA
2020年度
(第52回)
1438 自・工 鉄の吸収と体内輸送能力を強化したアルカリ性の不良土壌でも良く育つ樹木ポプラの作出とバイオマス増産 秋田県立大学生物資源科学部 助教 増田 寛志 1 1,000,000
NSE Production of novel poplar which shows better growth in calcareous soils with enhanced iron absorption and transportation ability, and increased biomass production Faculty of Bioresource Sciences, Akita Prefectural University Assistant Professor Hiroshi MASUDA
2020年度
(第52回)
1439 自・工 深共晶溶液を用いた熱化学電池の開発 東京大学 教授 山田 鉄兵 1 1,000,000
NSE Development of high-temperature thermocell consisting of deep eutectic solvent The University of Tokyo Professor Teppei YAMADA
2020年度
(第52回)
1440 自・工 マルチセンサー地理空間データを用いて森林の回復力を強化するコミュニティ林業プロジェクトの有効性の評価:カンボジアから学んだ経験 北海道大学地球環境科学研究院 助教 ラム アバタル 1 970,000
NSE Evaluating the Effectiveness of Community Forestry Projects Using Multi-Sensor Geospatial Data to Enhance Forest Resilience: Lessons Learned from Cambodia Faculty of Environmental Earth Science, Hokkaido University Assistant Professor Ram AVTAR
2020年度
(第52回)
1441 自・工 ロックイン探針増強非定常ラマン法の確立と2次元熱伝導マッピング 九州大学 助教 李 秦宜 1 1,000,000
NSE Lock-in tip-enhanced transient Raman method for 2D heat conduction mapping Kyushu University Assistant Professor Qinyi LI
2020年度
(第52回)
1442 自・工 水域生態系への安全性を考慮した下水中の抗菌剤分解除去法の開発 岩手大学 准教授 石川 奈緒 1 1,000,000
NSE Development of degradation and removal method of antibiotics in sewage that ensures the safety of aquatic ecosystem Iwate university Associate Professor Nao ISHIKAWA
2020年度
(第52回)
1443 自・工 高度経済成長期におけるビルの意匠的特質に関する研究 ―名古屋都市圏を事例としてー 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科 博士後期課程 謡口 志保 1 900,000
NSE A study on designing characteristic of the building during economic growth period -Based on Nagoya and its neighboring area- Graduate School of Design and Architecture, Nagoya City University Doctoral Course Shiho UTAGUCHI
2020年度
(第52回)
1444 自・工 自動運転社会を見据えた歩行者から見る安心な自動車挙動に関する研究 岡山大学大学院環境生命科学研究科 博士後期課程学生 海野遥香 1 900,000
NSE Research on safe vehicle behavior in the autonomous driving society - from the perspective of pedestrians - Graduate School of Environmental and Life Science, Okayama University PhD student Haruka UNO
2020年度
(第52回)
1445 自・工 夜間光データを用いた物流発生集中量推定モデルの構築とその応用 東京大学大学院工学系研究科 講師 川崎 智也 1 1,000,000
NSE Estimation of cargo generation/attraction using night light satellite data Graduate School of Engineering, The University of Tokyo Lecturer Tomoya KAWASAKI
2020年度
(第52回)
1446 自・工 モバイル型ビッグデータの活用に基づく都心部の歩道空間における歩行者の回遊行動の変遷と特徴に関する研究 大阪市立大学大学院工学研究科 准教授 蕭 閎偉 2 2,100,000
NSE Research on the transition and characteristics of pedestrian behavior in the sidewalk space in the city center based on the use of mobile big data Graduate School of Engineering, Osaka City University Associate Professor Hongwei HSIAO
2020年度
(第52回)
1447 自・工 超狭隘極限空間からの環境サンプル低侵襲回収・保護を実現する球殻飛行体の開発 東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センター,大学院情報科学研究科(兼任) 准教授 多田隈 建二郎 2 2,100,000
NSE Development of a spherical shell flying object that realizes minimally invasive recovery and protection of environmental samples from ultra-narrow extreme spaces Tough Cyberphysical AI Research Center, Graduate School of Information Sciences, Tohoku University Associate Professor Kenjiro TADAKUMA
2020年度
(第52回)
1448 自・工 長期記憶維持における細胞小器官の局在変化と分子基盤の解明 名古屋大学大学院理学研究科 講師 上田(石原)奈津実 1 1,000,000
NSE Elucidation of the molecular mechanisms and organelle localization underlying long-term memory retention Graduate School of Science, Nagoya University Lecturer Natsumi AGETA-ISHIHARA
2020年度
(第52回)
1449 自・工 短受検時間・低被曝線量な光子計数型X線CT用新構造シリコンX線センサーの創製 九州工業大学 助教 有吉哲也 1 995,000
NSE Development of a new structure silicon X-ray sensor for photon counting type X-ray CT with short inspection time and low radiation dose Kyushu Institute of Technology Assistant professor Tetsuya ARIYOSHI
2020年度
(第52回)
1450 自・工 精巣・腎臓の臓器間間質細胞移植ー精巣は慢性腎臓病を救えるかー 東京大学大学院農学生命科学研究科 大学院生 内田あや 1 1,000,000
NSE Transplantation of the interstitial cells between testis and kidney Department of Veterinary Anatomy, The University of Tokyo PhD candidate Aya UCHIDA
2020年度
(第52回)
1451 自・工 KRAS遺伝子変異を有する大腸がん個別化医療に向けた抗体医薬開発 微生物化学研究会 微生物化学研究所沼津支所 主任研究員 大石 智一 1 1,000,000
NSE Development of antibody drugs for the personalized medicine of colorectal cancer patients with KRAS mutations Institute of Microbial Chemistry (BIKAKEN), Numazu, Microbial Chemistry Research Foundation Senior Researcher Tomokazu OHISHI
2020年度
(第52回)
1452 自・工 ナノ粒子界面の精密設計に基づいたDNAナノシステムによる感染症のその場診断技術の開発 筑波大学数理物質系 准教授 大石 基 1 1,000,000
NSE Development of point of care testing for infectious diseases using DNA nano-systems based on precise design of interface of nanoparticles Faculty of Pure and Applied Sciences, University of Tsukuba Associate professor Motoi OISHI
2020年度
(第52回)
1453 自・工 がん代謝不均一性「メタボリックヘテロジェネイティ」を克服するがん治療法の開発 東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授 大澤 毅 1 1,000,000
NSE Development of anti-cancer treatments to overcome metabolic heterogeneity RCAST, The University of Tokyo Associate Professor Tsuyoshi OSAWA
2020年度
(第52回)
1454 自・工 質量分析イメージングを用いた自己免疫性疾患の病態解明 北海道大学大学院医学研究院 助教 河野 通仁 1 1,000,000
NSE Study of mechanism on autoimmune diseases using mass spectrometry imaging Faculty of Medicine, Hokkaido University Assistant Professor Michihito KONO
2020年度
(第52回)
1455 自・工 治療抵抗性うつ病に対する新規治療薬創出 大阪大学大学院医学系研究科 准教授 近藤 誠 1 1,000,000
NSE Creation of novel therapeutic drug for treatment-resistant depression Graduate School of Medicine, Osaka University Associate Professor Makoto KONDO
2020年度
(第52回)
1456 自・工 腎臓病の個別化医療実現に向けた尿中落下細胞を用いた非侵襲的検査法の確立 東北大学大学院医学系研究科 准教授 鈴木 教郎 1 1,000,000
NSE Establishment of a non-invasive diagnosis strategy for personalized precision medicine against kidney disease by using urine exfoliated cells Graduate School of Medicine, Tohoku University Associate Professor Norio SUZUKI
2020年度
(第52回)
1457 自・工 新規膵がん遺伝子型モデル動物に立脚した膵がん個別化治療法の開発 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 園下 将大 1 1,000,000
NSE Developing personalized therapy for pancreatic cancer leveraging a novel whole-animal platform Hokkaido University Institute for Genetic Medicine Professor Masahiro SONOSHITA
2020年度
(第52回)
1458 自・工 ウイルスの院内感染予防に向けた遠隔バイタル計測センサシートの開発 大阪府立大学 教授 竹井 邦晴 2 2,000,000
NSE Wireless vital sensor sheet to prevent secondary infection of virus Osaka Prefecture University Professor Kuniharu TAKEI
2020年度
(第52回)
1459 自・工 糖タンパク質を標的とした膵がん早期診断技術の開発 産業技術総合研究所細胞分子工学研究部門 研究グループ長 舘野 浩章 1 1,000,000
NSE Development of early diagnosis technology of pancreatic cancer targeting glycoproteins Cellular and Molecular Biotechnology Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology Group Leader Hiroaki TATENO
2020年度
(第52回)
1460 自・工 膜透過ペプチド固定化ヒアルロン酸を用いた非侵襲的成長ホルモン投与による成長ホルモン分泌不全症治療の可能性評価 摂南大学薬学部 特任助教 伴野 拓巳 1 1,000,000
NSE Therapeutic potential of non-invasive growth hormone dosage using cell-penetrating peptide-linked hyaluronic acid against growth hormone deficiency Faculty of Pharmaceutical Sciences, Setsunan University Assistant Professor Takumi TOMONO
2020年度
(第52回)
1461 自・工 新規の生体イメージングモデルを駆使した血栓器質化機構の解明 神戸薬科大学 准教授 原 哲也 2 3,000,000
NSE Clarification of the mechanisms of thrombus organization using novel in vivo imaging model Kobe Pharmaceutical University Associated Professor Tetsuya HARA
2020年度
(第52回)
1462 自・工 急性骨髄性白血病に対する新規創薬標的の探索 岐阜薬科大学 教授 檜井 栄一 1 1,000,000
NSE Identification of novel drug targets for AML Gifu pharmaceutical University Professor Eiichi HINOI
2020年度
(第52回)
1463 自・工 概日リズム関連疾患の治療に向けた時計タンパク質CRYの機能制御化合物の研究 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任准教授 廣田 毅 2 2,000,000
NSE Analysis of small molecule modulators of the clock protein CRY toward treatment of circadian clock related diseases Institute of Transformative Bio-Molecules, Nagoya University Designated Associate Professor Tsuyoshi HIROTA
2020年度
(第52回)
1464 自・工 肺循環補助を目指した拍動心筋組織付き人工血管グラフト開発 東京女子医科大学先端生命医科学研究所 准教授 松浦 勝久 1 1,000,000
NSE Development of artificial blood vessel graft with pulsatile cardiac tissue for the pulmonary circulation support Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women’s Medical University Associate Professor Katsuhisa MATSUURA
2020年度
(第52回)
1465 自・工 肝特異的フェロトーシス制御機構の解明とこれを利用した新規治療法の開発 自治医科大学分子病態治療研究センター 博士研究員 山田 直也 1 1,000,000
NSE Molecular mechanism of liver specific ferroptosis Center for Molecular Medicine, Jichi Medical University Post doctor Naoya YAMADA
2020年度
(第52回)
1466 自・工 シングルセル解析とリピドーム解析を用いた、急性腎障害が慢性腎臓病へ移行する機序の解明 大阪大学医学系研究科 医員 山本 毅士 1 1,000,000
NSE Unraveling the pathophysiology of AKI to CKD transition by integrating single-cell RNA sequencing and lipidomic analyses Department of Nephrology, Osaka University Graduate School of Medicine Clinical Fellow Takeshi YAMAMOTO
2020年度
(第52回)
1467 人・社 信頼されるAI(trusted AI)に関する信認関係の継続的な構築における法的課題の研究 尚美学園大学大学院総合政策研究科 教授 奥乃 真弓 1 1,000,000
HSS Study of Legal Issues in Continuous Construction of Fiduciary Duties in Trusted AI Graduate School of Policy Management, Shobi University Professor Mayumi J. OKUNO
2020年度
(第52回)
1468 人・社 科学技術の発展・普及に伴う人々の心理的変化の検討 早稲田大学文学学術院 教授 小塩 真司 1 1,000,000
HSS Cross-temporal change of personality traits with the progress of science and technology in Japan Faculty of Letters, Arts and Sciences, Waseda University Professor Atsushi OSHIO
2020年度
(第52回)
1469 人・社 イノベーション・エコシステムを担う最先端研究基盤施設における新しい研究コラボレーションの検討 東京工業大学生命理工学院 特別研究員 小野田 敬 1 1,000,000
HSS Research Collaborations of State-of-the-art Research Infrastructures in Innovation Ecosystem School of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology Special Research Fellow Takashi ONODA
2020年度
(第52回)
1470 人・社 農薬使用の社会的最適性と生産者・消費者の行動変容 東京農業大学大学院 博士後期課程 桐山 大輝 1 970,000
HSS The Social Optimum for Pesticide Use, and the Behavior Changing of Producer and Consumer Tokyo University of Agriculture Doctoral course student Hiroki KIRIYAMA
2020年度
(第52回)
1471 人・社 20世紀における中国の地方隆盛と革命勢力――電信事業を中心に お茶の水女子大学 博士後期課程1年 白鳥 翔子 1 750,000
HSS China’s local prosperity and revolutionary forces in 20th century: Focusing on Telecommunication. Ochanomizu university Doctoral student Shoko SHIRATORI
2020年度
(第52回)
1472 人・社 再生医療の臨床試験デザインにおける科学性と倫理性の再考 京都大学iPS細胞研究所 特定研究員 高嶋 佳代 1 800,000
HSS Reexamining the scientific and ethical issues in clinical trial design for regenerative medicine Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University Research Fellow Kayo TAKASHIMA
2020年度
(第52回)
1473 人・社 演劇を用いた科学技術コミュニケーション手法の開発および参与者の先端科学技術の受容態度の変容に関する調査 北海道大学高等教育推進機構 特任講師 種村 剛 1 600,000
HSS Development of a communication method for science and technology using drama and research of the change of participants' attitude toward the acceptance of advanced science and technology Institute for the Advancement of Higher Education, Hokkaido University Specially Appointed Lecturer Takeshi TANEMURA
2020年度
(第52回)
1474 人・社 ニューノーマル時代の人事管理:テレワークおよび兼副業が公正感に与える影響 東京都立大学大学院経営学研究科 准教授 西村 孝史 1 1,000,000
HSS Human Resource Management in the New Normal Era: The effects of Telecommuting and Side Businesses on Organizational Justice Graduate School of Management, Tokyo Metropolitan University Associate Professor Takashi NISHIMURA
2020年度
(第52回)
1475 人・社 東北アジア半導体産業のテクノナショナリズム:韓国、日本、台湾、中国についてのケーススタディ 東北大学 博士課程学生 パク ソヒ アシュリー 1 900,000
HSS Technonationalism in the Semiconductor Global Value Chain in Northeast Asia: Case studies of South Korea, Japan, Taiwan and China Tohoku University Doctoral student PARK Seohee Ashley
2020年度
(第52回)
1476 人・社 密接密集を避けた新たな文化体験手法の探究:仮想空間とインタープリテーションの融合によるauthentic experienceの提供に向けて 金沢大学人間社会研究域 准教授 山田 菜緒子 1 1,000,000
HSS Exploring New Approaches for Cultural Experiences with Fewer Physical Contacts: Providing Authentic Experiences Through Virtual Reality and Interpretation College of Human and Social Sciences, Kanazawa University Associate Professor Naoko YAMADA
2020年度
(第52回)
1477 人・社 幕末維新期における馬車輸送の導入の社会的影響 ―事業の担い手、経営の実態、再組織化される社会基盤の複合的研究ー 総合研究大学院大学 客員研究員 山根 伸洋 1 1,000,000
HSS The social effects by introducing mail coach in the days from the end of Tokugawa shogunate to early Meiji era -Comprehensive research on business agents, agencies and reorganized infrastructures- School of Advanced Sciences, The Graduate University for Advanced Studies, SOKENDAI Visiting Researcher Nobuhiro YAMANE